忍者ブログ
犬バカ夫婦とラサアプソのラーとの日常

2010

1031
         

昨日(10月30日土)、母に会いに施設へ行ったところ、いつもなら大勢の方たちと一緒にテーブルについているはずなのに姿が見えなかった。「トイレかな?お風呂かな?」と思いながら母の部屋にいってみると、珍しくベッドで寝ていた。あっちゃんが声をかけ母の体を触ると「痛い!痛い!・・」の大きな声にビックリの私たち。

どうやら、体を動かすことも少なく体が硬直してきてる様子。あっちゃんが、曲がったままになってる足を中心にマッサージしたり足を動かすようリハビリ運動をすると痛みが和らいだ様子。

母がこの施設に入所して1年近く。入所当時は歩行していた母が3ヶ月前に歩行困難になり車椅子に。最近は立つこともできない様子。そして昨日横になってる姿を見て、寝たきり状態も遠くないと感じさせられた。状況悪化のスピードの速さが、とても悲しい。

         

同じく昨日の朝だけど、ラーも「足が痛いよ~」と右前足を浮かせた状態でラーPMのところへやってきた。「ラーちゃん、どうしたの?足が痛いの???あっちゃ~~ん、ラーがたいへ~ん!!ラーの足が変だよ~!!」ラーの異変に真っ青のラーPM。「急いで病院へ行かなきゃ。」

最近、足をかばうような歩き方をすることがあったラーの足が気にはなっていた。病院へ入る前に公園で散歩をさせると元気よく歩いていたけど、やはり片足をかばっている歩き方でした。
病院で念のためレントゲンなどで確認していただいたけど異常なし。結局は年齢から来る関節炎とのこと。あとは階段の上り下り、あるいはベッドやソファーへの上り下りによる足への負担が原因のようでした。ワンコは前足で体重の7割を支えてるから、特に下りる時が問題だといわれました。特に治療はなくサプリメント(グルコサミンなど)の服用を勧められました。後は増え続けるラーの体重を何とかしないと。病院で計ったら10.5キロ・・・やっぱり手術してから、ご飯「くれくれ犬」になったからねぇ。(大汗)

高齢化して足が痛くなってくる話は、以前ラサのお友達の「ぽんたちゃん」のブログで知っていたはずなのに・・・。若いと思っていたラーも来月には8歳の誕生日を迎える。ラーPMたちも歳だし、バリアフリーど~すりゃいいの~って感じ。

もうこうなったら、ベッドやソファーを捨てて和風生活しかないか。1階で暮らす娘家族を追い出し、掘りごたつを復活させて暖をとり、布団を敷いて寝んねする。(笑)それがいいね、ラー。^^


         
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんにちは。
お母様のお体気になりますね。
うちの祖母はホームに入ってから一時期は弱っていた頃もありましたが、何だか年々若返ってきて、車椅子生活ですが、習字を習い始めたりととにかく90歳でかなりの回復力を見せています。
やはり人間と言うのは、どんなかたちでも前向きになれる何かをすると言う事が若返る一番のことなのかなぁと感じます。
ラーPMさんのお母様が少しでも楽な生活ができるようになることをただただ願うばかりです。

ラーちゃんの足、こちらも気になりますよね。
何だかうちのコハルもそういえば、階段ののぼりはサッサとあがりますが、くだりはかなりたいぎそうです。足の短い犬ほど負担も大きそうだし…コハルも同じく、気にしなければならない年です。

写真見て思ったのですが、ラーちゃんまた毛が伸びた?かな・・・
hana♪1202 2010/11/02(Tue)14:09:39 編集
hana♪1202様へ
こんばんは、hanaさん。いつもありがとうございます。ドッグカフェの話、なんだか我が家の命運を賭けて突き進まなければならない情勢・・・もうラーPMには止められません。こうなると覚悟を決めてラーPMが先頭に立つしかないかも。(苦笑)

hanaさんの祖母様は90歳ですか・・・すごい。hanaさんの言葉の「前向き」って、すごく大切ですよね。これが私の母は欠けてるので、すべてが萎縮の方向。その血を受け継ぐラーPM。「後ろ向き」克服してドッグカフェやりましょうかね。(笑)
母のことに関して今回もまた温かいお言葉をいただき感謝いたします。ありがとうございました。

ラーの足、気にしなければならない歳になったということですね。ミッキーはラーより体が大きいから同じ段差でも負担が軽いし、ましてや犬種の違いで身体能力の差も大きいから年上でも未だに問題ありません。あれだけ太ってるミッキーなのに・・・ある意味驚異的かも。足の短いワンちゃんは気をつけないといけないようですね。でも、コハルちゃんは太ってないからまだ大丈夫でしょ?

はい、ラーの毛伸びました伸びました。写真はブログを書いた日に撮ったものです。毛が短いと若く見えますが、伸びてくると完全なオジサン顔です。^^
ラーPM 2010/11/02(Tue)21:59:21 編集
無題
何だか久し振りになってしまいました^^
お母様、悪化するのが物凄い早さですね。
だけど、施設入るとそうなってしまうのかも知れません。どうしても甘えてしまうので、自力で何かすると言う事が少なくなってしまうんじゃないでしょうか?
私の祖母も、施設に入ってから全く歩けなくなるのが早かったです。
ちょっと足が痛いと言うと車椅子を持ってきてくれる…それが悪いのかな?と思ったり。
今度行った時は、皆の輪に入ってると少し安心ですよね・・・。

さて。ラー君、とうとう足を気にする年齢になってしまいましたか…。
なんて言ってる家の未琉翔ももうちょっとで7歳。立派なシニアの仲間入りです。
うちは美羽琉が小さいので、ベットの上り下りは気合入れないと駄目なようです。
家もそろそろ和の生活を視野に入れないと駄目かしら?^^
ラー君の体重は10.5キロですか!!1未琉翔とほぼ同じです。小さい頃から体重落とせって言われ続けてます。
サプリメントで少しは痛みが和らぐといいんですが…。ベットと椅子は足にはよくないですね。撤去か、もしくは、階段をつけてはどうですか?友達の家はベットの所に階段つけてましたよ!!!でも、果たして階段使うのか?って感じですよね…^^
優香 2010/11/03(Wed)00:04:58 編集
優香様へ
こんばんは、優香さん。いつもありがとうございます。ちょっとお久しぶりですね。優香さんのところへ立ち寄ってもブログが動いていないので、お仕事、勉強、お受験にお忙しいのだろうと思っていました。

施設に入ってしまうと仕方ないですよね。施設サービス計画書にはリハビリ運動は計画を立ててするようになっていますが、本当にそれが実行されているかは甚だ疑問です。たぶん無理だと思います。今回の母の状況から、せめて週一に私たちが行った時に体を動かす手助けをしてあげたいものです。

ひゃ~、ミルトくんに追いついちゃいましたか。(笑)一緒に生活している私たちはラーがここまで重くなっていることには気付いていませんでした。ただ、病院へ行くたびに「少しずつ重くなってきてるなぁ・・」とは思っていましたけど。(汗)

サプリメントを飲み始めてからは調子は良さそうです。ベッドに階段をつける話、「使うだろうか?やっぱり使わないよね。」と笑ってしまいました・・・が、しかし、あっちゃんが「ラーは賢いから使うかも。」と言ったことにラーPM「使わね~よ。」と一言。(笑)いずれにせよ上り下りはどうしても負担がかかるので無いのが一番で最善策だと思います。
ラーPMは和風人間ですから何でもないのですが、あっちゃんは北海道人。無理なんですよね、これが。

ミルトくんももう少しでシニアですか・・・時の流れって早いですね。^^
ラーPM 2010/11/03(Wed)21:23:18 編集
おはようございます
ラー君 関節が弱ってきましたか
今から思えば VITが最初 関節の異常を訴えたのは
名古屋にいた時だから 11歳ごろでした
その時は すぐ復活してたので 単に足がしびれたんだろう位にしか 考えてませんでした
その頃から 老化は 確実に始まってたんですよね

ワンコは サプリが 薬のように すご~~く効きますから
DR.と相談しながら 処方してもらって下さいネ
でも まだ 先は長いですから 足に負担がかかることは できるだけ 避けて
いろいろ 工夫してあげて下さいね

お母様の事 我が家も同じように 進行が進んでますから
そういう母を見るのって どんなにか辛いか
とても よく わかります
でも 当の本人は いろんな事が わからなくなってて
逆に 幸せなのかもしれませんね
VITおか~やん 2010/11/04(Thu)09:56:43 編集
ViTおか~やん様へ
こんばんは、おか~やんさん。いつもありがとうございます。寒くなってきましたが、キャピキャピで元気いっぱいのHITくんにとっては絶好の運動日和・季節となってきたのではないでしょうか?(笑)
はい、ラーが足の異常を訴えるようになってきました。少し前からびっこを引いて歩くことがあったりして気にはしていました。それが、先日には明らかに「歩けないよー・・・」といった感じで右前足を浮かせて歩いていました。

VITくんは11歳くらいからですか?・・・だとするとラーは3歳も若くしての症状なのですね。体重が10.5キロになってましたから、足への負担が大きくなってきたのでしょうね。最近は散歩もラーから早めに切り上げようといった感じでサッサと帰ろうとしますから。
サプリは相当効いているようです。飲み始めてから足は絶好調にみえます。効きすぎなのでしょうかね?

母の急速な衰えを目の当たりにするのは、とても悲しくて辛いです。元気であれば人生の最後をもっと楽しく好きなことができたはずなのに・・・。

父や母を見てきて自分たち(ラーPM夫婦)もそのいずれかになるのだと思います。ラーPMのたった一人の姉弟である姉は2004年に他界してますし。そんなラーPMが生まれ育ったかつての家族の見て、人はできる時にしたいことをするべきなのでしょうね。

物事がわからなくなっている当人は、それでいいですよね、幸せ。中途半端でなくすべてがわからない方が幸せ、本人にとっては。私たちにとってはそれもまた寂しいことですけどね、でも、仕方ないですね。おか~やんさん、また相談にのってくださいね。^^

ラーPM 2010/11/04(Thu)23:24:04 編集
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
ラーPM
性別:
男性
自己紹介:
3匹のわんこ&2匹のにゃんこと広島に在住。

あっちゃん:奥さん
ラー   :9歳 オス(犬)
ミッキー :10歳 メス(犬)
ポロ   :16歳 オス(犬)2010.10.2永眠
サリー  :9歳 メス(猫)
マーク  :4歳 オス(猫)
ユキ   :1歳 メス(猫)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP